押忍、森洸稀です。

本日は少年部の指導でした。

稽古では型の練習からミットを持つ練習をしました。

ミットを持つのも技術のうちということで、ミット持ちで大事なことをすこしだけ教えていきました。

相手、自分どちらも気持ちよくできるように練習がんばりましょう!

スパーリングの時間では少しだけお説教タイムでした!

茶帯黒帯の子がダラダラやっていたらダメでしょうということでちょっとだけ注意しました。

インターバル中は話す時間ではなく考える時間。

そして話しが長引いてテキトーな挨拶をするなんてもってのほかだと思います。

楽しくはやってほしいですが、どの楽しいなのか?

テキトーにだらだら馴れ合いの楽しいなのか

強くなる、新しいことができるようになる成長を実感しての楽しいなのか

今一度考えて頑張ってほしいと思います!

今日もありがとうございました!